MENU

馬瓜エブリンはハーフじゃない!!両親の国籍と日本に帰化した理由が衝撃的!?

・当サイトは広告を掲載しています。

女子バスケットボール日本代表の馬瓜エブリンさん。

外国人のような見た目ですが馬瓜という苗字のため「ハーフかな」と思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、馬瓜エブリンさんはハーフではないようなんです。

そこで今回は馬瓜エブリンさんの国籍や両親について調査したいと思います!

スポンサーリンク
目次

馬瓜エブリンはハーフじゃなく両親はガーナ人

馬瓜エブリンさんはハーフではありません。

というのも馬瓜エブリン選手の両親ともにガーナ人

そのため血統で言えば100%のガーナ人なんです!

しかし、ガーナ人の馬瓜エブリンさんは日本語も完全に日本人レベルで、代表で活躍しているため日本国籍もあるはずですよね。

そこでなぜ日本語が上手なのか、日本国籍を取得するため帰化したのはいつなのかについても見ていきましょう。

馬瓜エブリンの出生は日本!?

馬瓜エブリンさんが日本語が上手なのは日本生まれ日本育ちだからです。

両親は馬瓜エブリンさんが生まれる前から日本に住んでいたんですね。

馬瓜エブリンさんが生まれたのは愛知県豊橋市で父はトヨタ関連の会社で働いていると言われています。

馬瓜エブリンさんは『日本一親しみやすいバスケ選手』というほどのおしゃべりですが家では両親と英語で会話していたため少し英語は話せるそうです。

両親が英語で話すから聞くのは得意らしいけど、返事は日本語でしたりもしてたからどちらかというと話すののほうが苦手らしいよ。

馬瓜エブリン一家はなぜ日本国籍を取得した?

馬瓜エブリンさん一家が日本国籍を取得したのは馬瓜エブリンさんのバスケのためです。

馬瓜エブリンさんは小さい頃自分が外国人らしい見た目がコンプレックスだったそうですが、バスケットボールを始めたことで才能を発揮しました。

そのため日本代表に選ばれるほどの選手となったため、14歳のときに家族で日本国籍を取得しました。

日本国籍tるのはすごく大変だったみたいだけどお母さんが手続きとか頑張ってくれたんだって!!

まとめ

今回は女子バスケットボール日本代表の馬瓜エブリンさんがハーフなのかについて調査しました。

その結果馬瓜エブリンさんはハーフではなく純血のガーナ人でした。

しかし馬瓜エブリンさんを思う両親が帰化を決断してくれたからこそ今のバスケ日本代表の活躍が見れるんですね。

東京オリンピックで銀メダルを取ったバスケット女子。

パリオリンピックの活躍も楽しみですね!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次